レギュレーション

基本ルールとマナー

 

   基本ルール

1.銃口をのぞかない
2.フィールド以外では、絶対に銃口を人に向けない
3.銃には安全装置をかける
4.銃の引き金に指をかけない( トリガーガードに指を入れない )
5.フルバイオBB弾以外の使用はできません
6.飲酒状態でのゲーム参加はできません

< セイフティゾーン(安全地帯) >
・ 人に銃口を向けない。
・ マガジンを外し、チャンバー(薬室)を空にし、銃に装弾しない。
・ 銃には安全装置をかけて、引き金に指をかけない。
・ 運営スタッフ立ち合いで弾速チェックを行う。 (規則遵守)
・ ゴーグル・サングラス・シューティンググラスは防弾仕様かチェックする。
・ 試射は試射ゾーンでのみ行う。 セフティーゾーンでの試射は禁止。

< フィールド >
・ ゴーグルを必ず着用する。(外した、外れた時点で「ヒット」とする)
・ 「ヒット」コールの自己申告を徹底する。(フェアプレー)
・ ゾンビ行為及び暴言の絶対禁止。(即退場)
・ 直接・間接(跳弾)に関わらず、身体・衣服・装備(銃含む)全ての部位に着弾したら、大声で「ヒット」と
 両手を挙げて立ち上がりオーバーキル防止のためアピールをして銃を両手で高く持ち上げながら退場する。
・ 銃・装備を含む敵プレーヤーに接触禁止。(触れた場合両者ヒット)
・ フィールドを出るときはマガジンを抜いてチャンバーを空にする。

<CQBフィールド>
• フルオート射撃禁止
• 使用可能BB弾は0.2g以下のフルバイオBB弾

<シューティングジム禁止事項>
・METターゲットに銃や手等で絶対接触しない。
・フルオート射撃禁止。
・バリケードを移動したり飛び越えない。

 


レギュレーション

1. 年 齢
 当施設において18歳未満は、長崎県少年保護育成条例に則ったエアガンでのゲーム参加のみ認めますが、保護者もしくは保護者の許可を得た監督責任者の同伴が必要です。

2. 服 装
・動きやすく、BB弾が当たることも想定した服装でお願い致します。
 怪我をする可能性が高い服装で充分な安全対策を考慮できないと判断した場合にはプレーをお断りする場合もございます。
・エアガンは必ずガンケース、バッグ、袋等に保管した状態でご来場ください。
・誤解を避けるために、迷彩服などはフィールド到着後にお着替えください。

3. 装 備 品
・銃剣・バヨネット・ナイフ等の刀剣類・模造品の持込みは禁止致します。
・照準用レーザーモジュール(発光機能の無いバッテリーケースは可)の使用及び照射は安全対策上全面禁止致します。
・無線機等については、国内で定める法律に遵守したものであれば使用可能ですがチャンネル設定など他のチームと確認し、双方同意の上でご使用ください。
 ※相手方の無線を傍受することはトラブルとなりますので、絶対にお止めください。

4.ゴーグル装着の必須
・フィールド内は必ず保護専用のゴーグルを装着してください。
 保護強度のないゴーグルを使用している場合ゲームへの参加をお断り致します。
 ※シューティンググラスはレンタルもご用意しております。

5. 使用BB弾・重さ0.28gまでのバイオBB弾のみ使用可能です。
 ※セミバイオBB弾、プラスチック弾の使用は禁止致します。

6. 使用可能なエアガン
・銃砲刀剣類所持等取締法で定める規制に則したエアガンのみ使用できます。
 0.98ジュールを超えるパワーのエアガンは使用できません。
・法令の規定以上の『準空気銃』の持ち込みはいかなる場合でも禁止です。
 たとえ減速アダプターを取り付けていた場合でも、使用及び持ち込みは一切認めません。
・当フィールドにて実施の交流会は、すべてのエアガンの初速計測を致します。
※計測拒否、計測済証の不正及び、未計測エアガンへの計測済証の移動、計測済の機関部及び発射に関する部品の交換及び計測済の銃のインナーバレル交換も禁止です。
※違法行為を発見した場合は、事実確認後にプレイをお断り場合もございます。
※フルオートでしか初速計測できないエアガンは、原則フルオートで計測します。
※セミオートでの計測の必要性があると判断した場合は、セミオートで計測する場合がございます。
※ショットガン等、一度に複数の弾が出るエアガンにつきましては、マガジンに1発だけ弾を込めて発射したものを有効と致します。
※計測不可能と判断した場合、使用者との話し合いの上使用可否を判断致します。
※初速計測において、使用不可と判断された場合は当フィールドのレンタルガンをご利用ください。
 ◎違法改造銃を発見した場合は、プレイをお断りするだけでなく関係機関へ通報致します。
 ルールを守って安全に楽しくゲームを行ってください。

7. ゲーム中のマナー(フェアプレーの原則)

【スタート準備】
 振分けられたチームごとにマーカーが着いているか確認する。
 また、ゲーム中にマーカーが外れた場合にはプレーを中止する。
※ゾンビ行為とみなされ違反となりますので外れないように装着してください。
 ゴーグルは必ずフィールドに入る前に装着し、セイフティーエリアに戻るまでは絶対に外さない。
※マーカー・ゴーグルは参加者同士でも確認し、怪我を防いでください。
 ゲームのスタート時刻前までに、スタート地点で待機する。
※スタート時刻に間に合わない場合、ゲームには参加できません。セイフティーエリアからスタート地点までの移動中、またゲームスタートまではトリガー(引き金)に指をかけず、銃の安全装置を必ずかける。
※弾倉(マガジン)はフィールドに入ってから装着してください。

【ヒット判定】
 ゲーム中、次のいずれかの項目に該当した参加者を「ヒット」とします。
• フィールド内にある、いかなるエアガンからでも発射されたBB弾が、直接・間接(跳弾など)を問わず自身の身体・衣服・装備・エアガン等身につけている全ての部位に着弾したと判断したとき。
• 他の参加者がヒットの自己申告と判断される言動(ヒットコール、デッドマーカーの提示など)を行ったとき。
• ゲーム中にゴーグルを外したとき、外れたとき。
• ゲーム中にマーカーを外したとき、外れたとき。

【「ヒット」となった場合】
• 大声で「ヒット」と叫び両手を挙げて立ち上がる。
• エアガンを両手で高く持ち上げゲームに不参加であることを明確にして、速や かにフィールドから退場する。
• デッドマーカー(白旗等可)を周囲に見えるよう掲示して、フィールドを出るまでゲームに不参加であることを主張する。

【ヒット判定無視(ゾンビ行為)の禁止】
• 「ヒット」した者は一切の参加行為(射撃・通信・作戦行動など、プレイヤーの行為あるいはそれに類似する行為)を禁ずる。
• 上記に違反する者はヒット判定無視(ゾンビ行為)とみなす。
• 悪質なヒット判定無視(ゾンビ行為)が発覚したときは、現場の運営スタッフの判断により注意・警告または追放の措置をとることができる(「当たったかも」と思った時は潔く)
・ ゲーム中に誤って味方を射撃してしまった時、その場で当事者同士が勝手に「ヒット無効」や「身代わりヒット」などを判断せずに判定基準に従ってください。
※ゲーム終了後、誤射してしまった場合には、誠意をもって謝罪しましょう。
・ ヒット判定無視(ゾンビ行為)は重大な違反です。 サバイバルゲームは、マナー重視のスポーツです。
  参加者が上記のヒット判定基準に基づき自己申告を行うことが大前提となっており、ヒット判定無視を行う参加者は「ゾンビ」と呼ばれ、違反行為となります。
・ ゲーム中に「ヒット無視行為」を発見した場合、フィールドスタッフに報告してください。
※ゾンビ行為を行った参加者の特徴・その後の行動を確認してください。
 ゾンビ行為を行った参加者へはスタッフから警告します。

【緊急時の対応】
●ハイカーストップ
 ゲーム中、参加者以外の人(登山者・一般人・その他安全対策がなされていない部外者)をフィールド内で発見した時は、発見者はすぐに大きな声で「ハイカーストップ」とコールしてください。
 全ての参加者は、このコールが聞こえたら直ちにゲーム行動を止めてその場で待機し、自身も周囲の参加者に「ハイカーストップ」コールを伝達してください。部外者の安全を確保した時点で、運営スタッフからゲーム再開のコールが出されます。
 そのコールが聞こえたら、周囲へ同様に伝達してからゲームを再開してください。
● ゲーム中の怪我について
 フィールド内での怪我・事故はすべて自己責任となります。サバイバルゲームはBB弾で撃ち合うスポーツで山野を駆け巡るため、怪我には充分注意してプレイしましょう。
 万が一怪我をしてしまった場合、ゲーム中であればゲームをストップし、スタッフに報告してください。
 ゲーム中に怪我をしてゲーム進行を中断させる場合、大きな声で「メディカルストップ」とコールしてください。

【セイフティーゾーン】
●試射について
 試射する場合は、試射エリアでのみ行ってください。特にセイフティーゾーンでの試射は、ゴーグルなどの安全装備がなされていない為、重大な事故につながりかねません。万一、事故が発生した場合は、誤射した本人の責任となります。
 尚、ゲーム中の試射は紛らわしい発射音がゲームの進行に影響を与え、プレーヤーに不快感を与えます。
 試射はゲームの合間に行いましょう。
●セイフティーゾーンに入る前に
 ヒットコールをし、フィールドから退場し、セイフティーゾーンに入る前に必ず銃本体からマガジンを抜き、セイフティーエリア入り口付近にあるBB弾回収用容器に、安全な方向から下側に銃を向け空撃ちを必ず数発行ってください。
●「安全第一」
 エアガンを置く場合は、必ずマガジンを抜いて安全装置をかけ、不意の発射や破損を防ぐためにも整理整頓をお願い致します。
 セイフティーゾーンでの飲食は自由ですが、悪影響があるような飲食(調理に時間がかかるもの・飲酒・その他、ほかの参加者に不快感を与えるものなど)はご遠慮ください。

【 喫煙について 】
 指定の喫煙スペース以外は全て禁煙です。
 失火を防ぐためにも、喫煙後は完全に消火した事を確認してください。

2019年6月1日改訂